まだOL時代、会社のサークルでテニスを始めました。

 

当時は仕事も忙しく、グループみんながストレスを抱えていました。

 

毎晩の残業に、運度不足が続きました。

 

そんな中、メンバーの一人が休日にテニスをしないかと誘ってくれました。

 

ラケットも持っていないし、疲れているから少し戸惑いましたが
まわりの友達につられて行くことにしました。

 

会社帰りにラケットを購入して、何を着ていくか決めたりと以外と楽しい気分で、準備ができました。

 

テニスは、高校のころに遊びでやったのが最後です。

 

当日は10名近く職場のみんなが集まりました。

 

意外だったのは、なんとなくみんなできる!という事実です。

 

普段大人しい男子も、正確に打ち返したり、スマッシュやサーブか決まると
正直、見直しました。

 

それから毎週のテニスが職場の習慣になりました。

 

メンバーも段々と増えていき、予約のコート数も4コートの時もありました。

 

金曜日の夜はテニスの日と決めて、みんな仕事をがんばって終わらせました。

 

おかげでかえって仕事効率が上がったと思います。

 

なにより仲間との会話が増えたので、仕事もスムーズに流れるようになりました。

 

GWや夏休みには車6台くらいで、ペンションにテニスをやりに行きました。

 

帰りに温泉によったりと、かなり楽しいOL時代をおくれました。

 

それが6年ほど続き、私は結婚して会社をやめました。

 

テニスコートは遠かったし、帰宅時間もかなり遅いので結婚後は行けませんでした。

 

それから15年以上がたちました。

 

今は、長男が中学のテニス部でレギュラーの座を獲得して試合に出ています。

 

最初はアドバイスもできましたが、今はとても相手になれません。

 

いつか息子も社会人になってテニスをしたり、それがきっかけで出会いがあるのかな〜と、時折考えます。


このページの先頭へ戻る